患者様の声

病院では良くならなかった右膝と左肩の痛み、マッサージしないのに軽くなって歩けたよ‼

16-04-10-12-36-34-821_deco

 
右膝の痛みのせいで真っ直ぐに歩くことも出来なかった。
左肩の痛みは身体を支えるために力みが出て、肩全体が凝ってしまった様でした。

山内理論による施術は、
先ず、足首の山内理論により、足首にテーピングすることで背中の筋肉の収縮を解除します。
次に筋肉の山内理論により、筋肉の起始・停止部に振動を加えて該当筋肉の収縮を解除します。

筋肉の収縮による身体の歪みを完全に解除してから、身体の歪みを検査して骨格の矯正に入ります。

本当の骨盤矯正は、丁寧な準備の後に精度の高い検査をした先にしか成立しません。

施術後は、膝の痛みも軽減し楽に立てる、歩ける。
肩の痛みは、痛みが軽減しただけでなく、力みが消えて肩の凝りも無くなっていました。

 

 

成長期ならば、高い確率で伸びてます!身長の話です。

16-01-29-08-36-36-961_deco

 

2020年の東京オリンピック、目指しているお人もいらっしゃると思います。

スポーツをする上で身長は、その成果を左右する大きな要因となります。
成長期を過ぎてしまってからでは無理もありますが、幼児から高校生まで成長期にあれば、骨盤の矯正によって高い確率で身長は伸びます。

骨盤環の仙骨の関節面が3次元的に水平になることで、脊柱の捻じれや側彎が矯正され、脊椎の両側にある交感神経節への物理的なストレスが排除されます。
自律神経の失調が改善されることで、脳下垂体の成長ホルモンの分泌が促されている様です。

写真の女性は水泳をされていて、目標はオリンピックです。
1度きりの施術ですが、施術直後から食欲が旺盛になり、2か月で3cm伸びて折り込んであったジャージの裾を伸ばしたそうです。

殆んどの方が術後2か月以内にそれまでの成長とは明らかに違う伸びを記録しています。

興味のある方はお気軽にご相談下さい。

身長で決ってしまう事、今ならクリア出来ると思いますよ!

「本当に嬉しい」と喜んでいただきました!

15-12-29-15-33-47-167_deco15-12-29-15-35-47-198_deco

 

以前投稿させて頂いた、80代リュウマチで両股関節を人工関節に置換していらっしゃるご婦人です。

日常の生活で疲れてくると身体が曲がってしまう、元に戻ってしまうとお嘆きでしたので、初診時の姿勢との比較をさせて頂きました。

画像を見て、「何より嬉しい」と大変喜んで頂けました。

とたんに、表情がパット明るくなり、一段と姿勢も良くなりました。

メンタルも姿勢に反映されます、筋肉を長くして骨盤を矯正し体調を整えることで更なる改善が期待されます。

 

術後のリハビリで難儀を強いられていらっしゃる方、従来とは違った施術、一度検討してみてください。

外出するのも億劫だったのに、旅行に行けたよ!って報告ありました。

15-12-15-17-03-04-538_deco

 

86歳のお母さん、身体が傾いてバランスを崩し、転倒することが多い日々、外出する機会もめっきりと少なくなっていました。
10月13日の初診で、今回が3回目の施術でした。

娘さんから、お礼のメールいただきました。

「母がお世話になりました。昨年末は体調を崩し、半年辛そうだったので、今年は元気に年を越させたいと思っています。
なんだかとても元気で嬉しいです。ありがとうございます。」

「だいたい各務原に来るのも億劫で、何年も来なかったのですが、伊豆旅行にも行き、毎月ここにも来ています。
本当にありがとうございます。」

 

矯正した骨盤が元に戻ることはありませんが、一度に矯正できるレベルには限りがあります。

矯正は金属を精錬するように、回を重ねるごとにその純度、レベルを上げていくのです。
体質は、新陳代謝の営みの中で徐々に改善、変化していきます。

これからが楽しみですね!

更に、この先が期待されます。

矯正した骨盤の歪み、元に戻ってしまうことはありません!

2015-07-16-12-42-34_deco15-09-08-16-38-45-596_deco

2015.7.16 の before/after        2015.8.13      2015.9.8

15-11-10-15-14-02-649_deco

2015.10.6     2015.11.10

 

以前ご紹介させて頂いた、両股関節を人工関節に手術されたご婦人の4か月間の記録です。
施術は月一回のペースです。

ほとんどの人が骨盤矯正しても、「直に元に戻ってしまう」と言います。
しかし、上の写真で判るように、矯正した骨盤が日常生活の中で元の戻ってしまうことはありません。

それどころか、姿勢が改善されて重心の位置が正常に戻ることで、動きが良くなり代謝が上がり身体も締まって来たようです。

体操や筋トレをして体のバランスを整えることは、筋肉の収縮による身体の歪みに限られます。
骨格のバランスに対して、筋肉は適応していますから、先ずは骨盤のバランスを整えることが優先されます。

正しく矯正した骨盤は、落ちる、転ぶ、衝突する等の衝撃が加わらない限り、脚を組む等の日常生活動作で歪むことはありません!

どうぞ、真の骨盤矯正を体験してみてください。

骨盤矯正は貴方の才能、能力をストレス無く発揮させてくれます。
バランスが整えば、後はオートマチック、重力と新陳代謝が体質を改善します。

 

 

骨盤矯正、すぐに元に戻ってしまうのは筋肉の収縮による見かけ上の歪みです!

15-11-11-15-14-56-158_deco

 

 

身体の歪みや骨盤矯正が話題になる時、「矯正しても、直に元に戻ってしまうから…」と言われる方がいらっしゃいます。

しかし、ちゃんとした矯正をすれば、普通の生活で元に戻ることはありません。
脱臼した肩の関節を整復してもらって、翌朝起きたら外れていた。と言うことが無いように。

ちゃんとした矯正はどうしたら出来るか?
矯正のテクニックも大事ですが、診断を誤らないことが大前提です。

正しい診断をするためにはどうしたらいいのか?
骨盤の歪みに影響を及ぼす筋肉全てを緩めて、筋肉の収縮による身体の歪みを解除しておくことが基本となります。

巷では、一人矯正するのに数分、などと宣伝している人たちも見うけられますが、矯正の準備をするだけで30分以上は必要です。

正確な矯正をするのであれば、初診で1時間半、2回目以降で1時間は必要です。

 

上記の写真は、76歳男性の腰部です。
20代の時の交通事故で腰椎の4・5番が後ろに飛び出していて、車に乗るとシートに飛び出した骨が当たって違和感があったのですが、施術後骨は二度と当たらなくなりました。
上が初検時、下が2週間後です。

もう一度、骨の矯正は脱臼の整復同様、日常生活で戻ることはありません。
骨盤のズレによる身体の歪みと、筋肉の収縮による身体の歪みはキッチリ分けて考えましょう。

成長期であれば、身長は何時でも伸びますよ!

15-10-19-20-56-50-111_deco

左 6月1日        右 10月19日
(鏡の位置は一定)

 
写真の彼は17歳の高校球児で日々の練習で筋肉質の体格が際立っていました。
別件の受診でしたが、「出来れば背も伸ばしたい」と相談されました。

成長期であれば骨盤矯正により、自律神経が調整されて成長ホルモンの分泌が促されます。
「ちょっと難しい年齢だけれど、試してみる価値はありますよ。」とお伝えして、月一回のペースで施術を継続しています。

三回目の施術の際、「ちょっと伸びたかも、母と同じ目の高さだったのが上から見る感じになってきた」と喜んでいました。
今回の写真では明らかに伸びていることが確認できます。

他にも、8月に一度だけ施術した6年生男子の場合は、クラスで前から4番目の身長で身体測定では1cm以上伸びたことがなかったのが、今月の測定で彼史上初の3cm伸びていたと、喜んで帰宅したそうです。
成長期であれば、高い確率で3か月以内に伸長が確認されています。
興味のある方はご相談下さい。

 

美顔、小顔も期待して頂いて結構です!

15-09-06-07-56-10-053_deco 15-09-06-07-54-12-194_deco

 

上の写真は或る日の「山内理論による骨盤矯正 体験セミナー」でのbefore/afterです。

筋肉の山内理論による施術と骨盤矯正により、美顔、小顔は実現できます。
既存の痛みを伴う施術とは違い、無痛です!
更に、骨盤矯正により姿勢も改善されます。

尚、美顔、小顔は既存の施術よりも圧倒的に長く維持できます。
それは、従来の施術では、筋肉に直接刺激を与えているため、「筋肉の伸展反射」のスイッチを押してしまっているからです。

結果、30分~2時間で筋肉は収縮し、お顔は施術前の状態に戻ってしまいます。

山内理論による骨盤矯正での改善は、施術後がスタートです。
線路のポイントの切り替えのように、切り替えから時間が経過するほどに、それまでとは違った未来に到達できます。

ぜひ一度、「山内理論による骨盤矯正」を体験してみては如何でしょう!

 

眼瞼痙攣、まぶたが勝手にピクピク、治るんですね!

IMG_20140319_110642

左目の下瞼が一年ほど前からピクピクし始めたんです。
段々と頻度が増して、半年ほど前からは、常時痙攣が止まらなくなってしまいました。

人と話をする時は、気になって手で左目を隠す癖がついていました。
勝手に瞼がピクピクするのは、本当に気持ちの悪いものでした。

掛かりつけの病院の先生に相談しお薬を出してもらったのですが、症状が改善しないばかりか二ヶ月目に薬疹が全身に出てしまいました。
そのお薬は止めてもらったのですが、ブロック注射は怖くてしていませんでした。

筋肉が神経を圧迫しているのが原因であるとの説明を受けていました。

 

原因が筋肉の圧迫であれば、筋肉を緩めてやれれば改善できるのでは、と「筋肉の山内理論」により、眼窩の周りの骨に骨振動を与えてみました。

施術は週一で、2週目で痙攣が弱くなって来て4週目には殆ど消失しています。

 

「筋肉の山内理論」まだまだ、応用範囲が拡がりそうです!

外反母趾、予想以上の変化にびっくり!顔面神経麻痺の後遺症も改善した!

15-09-11-11-41-56-975_deco

上:9月11日         下:9月24日

 

岡崎在住の60歳の女性、ご縁があり、遠く長野の旅館の女将さんのご紹介でお見えになりました。

頚椎症、3年前の顔面神経麻痺の後遺症、右顎関節症、時間の経過と共に、左口角のシビレや右顎関節の異音、首肩の凝り等の症状固定がありました。

「外反母趾も良くなりますよ」とお伝えして、テーピングして前脛骨筋の筋トレの仕方をお教えしました。

2週間後、「テープは痒くて3日ではがし、筋トレは1週間頑張りましたがその後できませんでした。」との報告。

2回目の施術後、上記の諸症状は目に見えて改善が実感できたそうです。
外反母趾はさぼってしまったので、変わりないと言ってみえましたが写真で比較すると、明らかな変化が確認できました。

ご本人は、これで気持ちが入り、真面目に筋トレを続けるそうです。
次回、2週間後が楽しみです。

 

 

1 / 41234

▲TOPへ